大人の矯正

矯正を始めるのに遅すぎることはない

矯正を始めるのに遅すぎることはない矯正治療は子どもが行う治療とお考えの方も多いでしょう。しかし、歯周病の進行がなく、歯周組織に問題がなければ何歳あっても矯正治療は行うことができます。
矯正治療には顎の幅を広げる段階と、歯に力を加えて動かしていく段階がありますが、大人の場合は永久歯が生え揃い顎の成長が終わっているため、歯を動かしていく治療のみとなります。

大人は子供と違い自分の意志で矯正を始める方がほとんどなため治療に対する意識が高く、保定など自己管理が必要となる過程では、子どもよりも良い結果が出る事もあります。矯正治療にご興味をお持ちの方は、無料相談も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

大人の矯正に最適な目立たない装置

大人の矯正に最適な目立たない装置矯正治療を大人になってから始める際に気にする事の一つとして、見た目の問題があります。成人になってから矯正治療を開始するという人はどちらかと言えば少数派です。
矯正治療をしている人が少ない分、金属のワイヤー矯正装置では目立ってしまうでしょう。家事や育児、仕事中も、どんな時でも人の目を気にする事なく治療に集中するためにはやはり目立たない装置がお勧めです。
現在では目立たない矯正装置として、白いワイヤーやマウスピース矯正が御座います。銀色の剛健なワイヤー矯正でなくても治療は可能ですので、お気軽にご相談ください。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正(普通矯正)は矯正歯科の中でも最も一般的な方法です。

歯の表側に装置をつけます。歯の表面につけるブラケットは白色で、ワイヤーは普通の金属色(銀色)です。 (ブラケットも金属の医院が多いですが、当院ではブラケットはセラミックの白色を使っております。)
そのため目立ちにくく矯正治療の期間も短く矯正治療ができる矯正方法です。

部分矯正

前歯の気になる部分だけを治す矯正法部分矯正と言います。プチ矯正と呼ばれることもあります。

部分矯正は、前歯が少し重なってたり、少し八重歯になってたり、逆にすき間が開いている場合にする矯正治療です。歯が重っている場合に行うことが多く、重なりの程度によって、軽度、中等度、重度に分かれます。

全体的に歯の矯正をする場合は、費用・期間がかなりかかります。そのため装置が痛かったり、何年もかかってしんどいなどというイメージがありましたが、部分矯正(プチ矯正)は、そんな悩みがかなり減りました。

  • ・気になる前歯だけをキレイにしたい
  • ・出来るだけ短期間で歯並びをキレイにしたい
  • ・低予算でお手軽にキレイにしたい
  • ・出来るだけ痛みの少ない治療をしたい
  • ・一度矯正したのに後戻りしてしまった
  • ・結婚式までに歯並びをキレイにしたい
  • ・就活、婚活のためにキレイにしてイメージアップしたい
  • ・歯を気にせず大きな口を開けて笑いたい
  • ・子供の卒業式、入学式までに自分の歯をキレイにしたい
  • ・子供の頃は色んな理由で矯正できなかったが、大人になった今やってみたい(部分矯正にかかわらず、大人の方の矯正はすごく増えています)
一番上に戻る