よくある質問

お子さんの矯正治療に関するご質問

指しゃぶりを続けていると歯並びが悪くなるのですか?

指しゃぶりを続けていると歯並びが悪くなるのですか?親御さんとしてはどうしても気になってしまう「指しゃぶり」ですが、実はお子さんにとっては、不安や寂しさの解消にも繋がっている重要な行為です。そのため、無理にやめさせるというのはお子さんにとってあまりよくありません。
しかし、指しゃぶりが歯並びに影響するのも事実です。前歯が飛び出てしまったり、噛んだとき上の歯と下の歯に隙間が出来て噛み合わなくなってしまう「開咬」という状態になってしまうこともあります。

子供の矯正治療はいつ頃から始めるのですか?

お子さんの矯正治療の開始時期については、一人一人の歯並びの状況などによっても異なります。上下の前歯のかみ合わせが反対になってしまっている「受け口」などの場合は早めに治療を開始した方がいいケースで、この場合、3~4歳の頃からの開始をオススメしています。骨格に問題があって歯並びに影響している場合、早くに治療した方が効果があるためです。

一難多いのは、顎が小さくて歯が並び切らないというケースで、6~8歳から矯正治療を始める場合です。このケースでは顎をプレートという装置を使って顎を拡げます。歯並びが悪くなる原因は様々ですが、最も多いのがこの顎が小さいということです。顎が小さく、歯が並ぶためのスペースが十分とれないと、変な方向に歯が生えてきてしまったりします。(八重歯や乱ぐい歯など)
プレートを使うと、歯が並ぶスペースを作ってあげることができるため、原因から治療することができます。

永久歯が生え揃ってから矯正治療を始めるのがいいのですか?

まだ乳歯の残った、低年齢から矯正治療を始めた方が明らかに大きなメリットがあります。幼いうちは骨が柔らかく、成長しきっていないため、骨格から治すことが出来たり、成長を利用して矯正治療を行っていくことができるからです。
特に受け口は3~4歳からと早いうちから治療してあげることが大切です。顎が小さく歯が並びきらないという症状の場合も6歳から治療を始めるのが一般的です。

9~10歳くらいのお子さんの歯並び治療の場合、骨が成長してしまっているため顎を大きくすることがやや難しく、矯正治療の開始は永久歯が生え揃ってからの方がいい場合もあります。

未成年なのですが初診カウンセリングは受けられますか?

未成年・学生の方が初診カウンセリングを受ける場合、保護者の方が付き添っていただけますようお願いします。

矯正治療中にスポーツをしても大丈夫ですか?

矯正治療中にスポーツをしても大丈夫ですか?矯正治療中でもスポーツをして頂いて全く問題ありません。ただし口の周りを強く打ってしまったりすると、矯正装置が壊れて口の中を怪我してしまう可能性もありますので、十分気をつけて頂ければと思います。
スポーツの時に装着してお口の中を守る「マウスガード」という器具もありますので、激しいスポーツをされているなど気になる方におすすめです。

矯正歯科の治療後に関するご質問

後戻りしませんか?

矯正治療が終わった後、何もしなければ後戻りしてしまう可能性が高いと言えます。
歯は元の位置を覚えているため、矯正後の歯が固定されていない状態で何もしないでいると、後戻りが起こってしまうのです。
そのため、矯正治療後には、リテーナーとも呼ばれる取り外し式マウスピースの「保定装置」を装着します。装着は就寝時や、場合によって日中にも入れて頂きますが、マウスピースは透明で非常に目立ちにくく、痛みやかゆみなどもありません。1年以上は保定装置を装着する必要がありますが、きれいな歯並びのためにもがんばりましょう。

矯正装置を外した後も通院が必要ですか?

矯正装置を外した後も通院が必要ですか?矯正装置を外した後は保定期間となり、きれいに整えた歯並びを維持するための期間となります。「保定装置」というマウスピースを装着して頂きますが、このマウスピースの定期チェックのため3~6ヶ月に1回程度来院して頂く必要があります。
また、保定とは直接関係はありませんが、保定期間は1年以上になるため、期間中に虫歯や歯周病にならないよう歯のクリーニングを行うとお口の健康を保つことが出来ます。
よりきれいな歯にしたいという方は、矯正治療後にホワイトニングを行うのもおすすめです。

治療が終了した後はどんなメンテナンスが必要ですか?

矯正治療が終わり、矯正装置を外した後は後戻り防止のため「保定装置」を装着します。この保定装置を付けることできれいな歯並びを安定させることができるのです。
保定期間は1年以上ですが、期間中も終わってからも、定期的に歯のクリーニングをして頂けると美しく健康な歯を維持することが出来ます。

一番上に戻る