メンテナンスと予防

お子さんの矯正を始める時期

お子さんの矯正を始める時期子供の成長は早いため、お早めにご相談ください。
お相談頂いてすぐに矯正治療を始めるという訳ではなく、まずお子さんの歯並びや骨格などを確かめて、矯正治療を開始するのに適切な時期を見極めます。
ご来院頂いたからといってすぐに矯正治療が始めないといけないという訳ではありませんので、安心してご相談ください。

他院で相談し「中学生になってから」と言われた親御さんへ

他院で矯正治療について相談したところ、「矯正治療を始めるのは中学生になってから」と言われたということで当院にご来院される親御さんがこのところ多くいらっしゃいます。
矯正治療にも様々な方法がありますが、早い段階から行うことでメリットが生じる場合もあります。
他院では中学生になるまでは矯正治療が始められないと言われた場合でも、当院ではお子さんの状況に合わせて矯正治療をスタートすることも可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

幼少期の矯正治療のメリット

まだ顎が成長途中の小さい段階から矯正治療を行うと、成長を利用して歯並びを整えていくことが出来るため、きれいに仕上がる確率が高まり、永久歯を抜く必要になる可能性も減るためお子さんの負担を軽くすることが出来ます。
また、小さい子供のうちから歯並びをきれいにしておけば、大きくなってから歯並びがコンプレックスになってしまう心配もなく、笑顔でのびのびと成長することが出来ます。

日々の習慣が歯並びに悪影響を与える可能性も

指しゃぶり、舌を出す癖、片方の歯だけで食べ物を噛む、頬杖をつく…など、他にも色々ありますが、このような日々の習慣が歯並びを悪くしてしまうこともあります。
短期間に強い力をかけるより、長期間に弱い力をかけ続けるほうが歯並びへの影響力は強いため、ほんの小さな癖でも、習慣化してしまうことで大きな影響となって歯並びに現れるのです。
お子さんの歯並びの悪さが気になる場合には、毎日の習慣や癖をチェックして見直してみましょう。

親御さんにご協力いただくこと

親御さんにご協力いただくこと矯正治療にはお子さんご自身のがんばりも必要ですが、もう一つ、欠かせないのが親御さんのサポートです。
矯正装置が見えている時には学校などでお友達から「歯に何を付けてるの?」など、聞かれる場合もあるようです。
聞かれるのが嫌だったり、他の子と違うため不安になったりして「矯正をやめたい」というお子さんもいらっしゃいます。
お子さんがそのような理由から矯正治療をやめたいと言う場合には、親御さんの方からお子さんに矯正治療の意味、良い面も沢山あるということ、恥ずかしいものではないことなど、一度しっかりお話いただければと思います。もしも、それでも外したいという場合には当院にご相談ください。
思春期のお子さんの場合は特に、目立つ装置を嫌がる子もいますので当院ではなるべく目立たないような矯正装置も行っています。

悪い歯並びは歯のみならず、骨格にも影響します。歯並びを整えて歯磨きがしやすくなれば虫歯にもなりにくくなり、将来的に歯科医院への通院回数を減らすことにも繋がります。

後戻りを防ぐ「保定装置」

「保定」で後戻りを防ぎましょう

矯正装置の役割は、歯に力をかけてゆっくりと顎の骨の構造を再構成することですが、その状態ではまだ不安定な固定されていない状況です。それから顎の骨、舌、口周辺の筋肉、歯肉となじませていくためには時間がかかります。歯槽骨が再生し歯と結合することで歯が固定されるため、再生を待たなければならないのです。
そうして歯が固定されないうちに矯正装置を外してしまうと、歯が元の位置に戻ろうとする力が働き、せっかく整った歯並びが戻ってしまいます。
こういった「後戻り」を防ぐための保定を行うのが、リテーナーとも呼ばれる保定装置です。まだ歯が不安定な状態の矯正治療後は、保定装置をつけて歯の位置を固定しましょう。

美しい歯並びの維持に欠かせない「保定装置」

矯正装置後の「後戻り」を防ぎ、歯を固定するための保定装置には歯の裏側につけるものや取り外し可能なものもあり、比較的目立つことがありません。
患者さんの歯並びの状態によっても保定装置をつける期間は異なりますが、矯正治療後2~3年ほどと一般的には言われています。矯正治療が終わった後も長期間に渡るメンテナンスが必要になりますが、これは歯並びを美しく保つための処置です。せっかく時間をかけてきれいにした歯並びを維持できるよう、しっかりと保定を行いましょう。

プロによるチェックも重要

せっかく歯並びを良くしても、その後のケアを怠って虫歯や歯周病になり歯を失うなんてことになってしまったら大変です。保定期間が終わったからと言って口腔ケアを怠らず、ご自身で毎日しっかりとケアを続けていきましょう。
また、定期的に歯科医院で歯の定期検診を行うということも大切です。鏡を使ったとしても自分の口の中を全てチェックすることは出来ないため、見えない部分に問題が生じてしまうと自分では気づけません。定期的にプロによるチェックをすれば、問題が大きくなってしまう前に適切な処置を行うことができ、虫歯や歯周病の予防に繋がります。

クリーニングでより美しい歯に

ご自身で行う毎日の歯磨きやデンタルケアではどうしても落としきれない、気付かない汚れが存在しています。こういった汚れは特別な器具を使った歯科医院での専門的なクリーニング(PMTC)で落とすことが出来ます。

PMTCとは、専門的な器具を使った歯のクリーニングのことで、歯間や歯茎の間に残っている汚れや歯垢、バイオフィルムなどを徹底的に除去することができます。お口のトラブルの原因となる細菌類を取り除くことが出来、様々な病気を予防することに繋がります。
矯正治療で矯正装置や保定装置をつけている間は、何も付けていない時に比べどうしても歯磨きがしにくくなり、磨き残しも多くなってしまいます。
定期的にPMTCを行うことで、矯正治療を続けながら虫歯や歯周病などの予防もすることが出来ますよ。

一番上に戻る