プレオルソ(マウスピース矯正)

プレオルソとは

大切な幼少期こそ「プレオルソ」

大切な幼少期こそ「プレオルソ」歯と骨が成長しきって、永久歯が生え揃ってしまってからではどうしても本格的な矯正治療が必要となってきます。固定式の矯正装置を付けてワイヤーで矯正する方法は痛みも伴い、永久歯を2〜4本抜歯しないといけない場合もあります。
プレオルソであれば6〜10歳というまだ骨の柔らかい時期から矯正をしていくことで、負担は最小限に、効果的に矯正をしていくことが出来ます。

マウスピースで痛みもなく子供も安心

ワイヤーで固定する矯正法は違和感や痛みも強く、矯正治療を続けるにあたりストレスになってしまうこともあります。マウスピース式の矯正法では違和感や痛みはほとんどなく、装着時間も自宅にいる時と就寝時だけでいいので、学校に持っていく手間もありません。食事の時にはマウスピースを取り外すことも出来、洗う事も出来るので衛生的で虫歯の心配もありません。

装着は「日中1時間」と「寝る時」のみ

プレオルソは日中1時間と寝る時に装着すればいいだけ。学校へ持っていく必要もなく、友達と遊ぶ時には外すことだって出来ます。

治療効率がよく低予算

矯正治療というと一番気になるのが費用面の問題。「プレオルソ」はこの治療法のために開発した新素材のマウスピースを使用した矯正方法ですとなっており、お子さん一人一人の口腔内の調整がしやすく治療効率が良いため、一般の矯正治療よりも始めやすいというメリットがあります。

口呼吸を改善

「ぽかん口」「お口ぽかん」などと言われる「口呼吸」は虫歯や歯周病、口臭の原因となるだけでなく、歯並びが悪くなる原因にもなってしまいます。
プレオルソは「かみ合わせ」「歯並び」の改善と同時に、口呼吸を鼻呼吸に促します。舌のトレーニングにもなるため、正しい飲み込みや正しい発音など、お子さんの健康な成長発育に役立ちます。

プレオルソの特徴

柔らかい

子供も安心して快適レジンなどプラスチックのように硬い矯正装置の場合、子供は嫌がってしまう場合も少なくありません。プレオルソはポリウレタン製の柔らかい素材で出来ているため装着感も非常に良く、子供も安心して快適に装着することが出来ます。

歯型を取らない既製品

プレオルソマウスピースは既製品のため、歯型を取る必要がありません。幼い子供にとって歯型を取るためにじっとしているというのはかなり大変なこと。不快感を減らすことで後の治療もリラックスして行えっていけるはずです。

調整が簡単

プレオルソマウスピースは熱を加えることで簡単に調節が可能な素材を使って作られています。お湯を使って柔らかくすれば、お子さんの口腔内に合わせた形に調整することも簡単です。従来の矯正装置は調整が非常に手間で、嫌なニオイがすることもありましたがプレオルソではそうした煩わしさが一切ありません。

プレオルソマウスピースラインナップ

Type-1
上顎前突症
叢生
過蓋咬合・各種保定
出っ歯や、かみ合わせが深いなどの場合に
Type-2
開咬症
各種保定
前歯が上手くかみ合わない場合に
Type-3
反対咬合
逆被蓋
各種保定
受け口の場合に
一番上に戻る