小児矯正の種類

当院の小児矯正で使う矯正装置

小児矯正のための装置についてですが、実は沢山の種類があります。
最も一般的な「金属製」や、目立ちにくい「セラミック・プラスチック製」、歯の裏側に装着する「見えない矯正装置」などです。歯が生え変わる時期の矯正では、取り外し可能な「マウスピース」という矯正装置を使う場合もあります。

これらたくさんの種類の矯正装置の中から、お子さんと親御さん、そして歯科医師が話し合い、一番ベストな矯正装置を選びます。そしてお子さん1人1人の歯の形、歯並び、かみ合わせに合わせてオリジナルの矯正装置を作成するのです。

当院での矯正装置で使う4つの装置をご紹介していきます。

金属製ブラケット

金属製ブラケット歯の動きを細かくコントロールすることが出来る、よく知られている一般的な矯正装置です。金属のワイヤーを使うため外から目立ちやすいものの、変形したりすり減ったりという心配もなく、耐久性も高いです。

デーモンシステム

こちらも金属製のブラケットを使用しますが、通常のものとはシステムが異なります。
デーモンシステムではブラケットとワイヤーを固定しない方法のため、摩擦が少なく歯の痛み軽減されることが特徴です。歯の移動も若干早くなるため、その分治療期間も短くなります。

セラミック・プラスチック製ブラケット

白いセラミックやプラスチック製なので、金属製のブラケットとは異なり矯正装置が目立ちにくくなります。
耐久性は金属製ブラケットほどではありませんが、通常使用には問題なく、小児矯正でも現在、主流な装置として多くのお子さんたちがセラミック・プラスチック製ブラケットで矯正を行っています。

リンガルブラケット(歯の裏側矯正)

大人の女性や、接客業や人前に出る仕事をしている方にも人気の高い歯の裏側に装着する「見えない矯正装置」として人気の矯正方法です。
子供の場合でも、見た目が気になる女の子はこのリンガルブラケットを選ぶことが多いです。
矯正の効果、治療期間は上でご紹介の金属、セラミック・プラスチックブラケットと変わりありませんが、歯磨きが少し難しくなるためお口のケアには気を遣ってあげるようにしましょう。

取り外し可能な矯正装置

インビザライン(マウスピース型)

インビザライン(マウスピース型)マウスピースのような形をした、取り外し可能な矯正装置のことを「インビザライン」と言います。
従来のワイヤーとブラケットを使った固定式の装置とは全く異なる新しい矯正装置で、装着しても目立たないため、人気が高まりつつあります。

インビザラインでは事前に「クリンチェック」と呼ばれる高度な3Dコンピューターシミュレーションを用いて1人1人の歯型に合ったマウスピース型矯正装置を作製します。綿密な検査、計算に基づいて作られたマウスピースは最初からその人にフィットするので、違和感や不快感もほとんど無いのが特徴です。
金属アレルギーがあり金属製ブラケットでの矯正はできないという方もインビザラインでなら安心して矯正治療を行っていただくことが可能です。

お子さんの場合ですとプレオルソ、マイオブレースというマウスピース矯正装置がございます。

プレート矯正

プレート矯正発育期を利用した矯正方法で、顎が小さく歯が正しく並ぶスペースがない場合に用いられます。出っ歯や受け口などにも対応しています。装着後1週間に1回ネジを回し、少しずつ幅を広げていきます。ワイヤー矯正ではないためそこまで痛みはありませんが、ネジを回した後1〜2日は違和感を感じることもあるようです。
取り外し可能で就寝時にだけ装着すればいいので、学校に持っていく必要もなく歯磨きもしやすいです。

FKO、バイオネーター

成長途中の子供の顎の成長を促す、取り外し可能な「機能的矯正装置」がFKOやバイオネーターと呼ばれる装置です。
口の周りや舌の筋肉をコントロールして、顎が正常な方向に成長するように誘導します。
下顎を大きくするためには1日10時間以上の着用が必要になりますが、将来的に非抜歯治療の実現や前歯の傾斜を良い状態に導けるなどのメリットがあります。永久歯に生え変わるころ仕上げの矯正治療が必要ですが、全ての歯がきちんと並ぶことが出来る様な歯槽部(歯茎の骨)の成長を促進してくれます。

一番上に戻る