世界で最も普及しているマウスピース矯正、インビザラインを採用

インビザライン当院では、「インビザライン」という現在世界で最も普及しているマウスピース矯正システムを採用しています。
これは、患者様の歯のデータから理想の歯並びにするためのマウスピースをコンピュータでシミュレーションし作製するもので、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発した矯正治療システムです。

患者様は送られてきたマウスピースを定期的に交換しながら、毎日決められた時間以上装着するだけで歯を動かすことが可能です。ワイヤー矯正では強い力で歯を動かすため痛みも伴いますが、マウスピース矯正では痛みが起こりにくくそれでいて目立ちません。

インビザラインの特徴

  • コンピュータで治療計画を企画しマウスピースを機械で作成
  • 特許取得された素材を使用
  • 生体力学に基づいたデザインで歯牙移動を実現
  • 研究開発への投資により製品の継続的な改善

当院のiGOシステム(インビザライン)

iGO(アイゴー)システムは前歯部を対象とした歯科矯正治療です。口を開けるときに目についてしまう前歯部の歯並びを段階的に矯正し、綺麗な歯並び・理想的な笑顔へと近づけていきます。

IGOシステムのメリット(部分的マウスピース矯正)

1.目立ちにくい

iGOアライナーは透明に近くめだちにくいため、装着していることがほとんど分からず見た目によるストレスを感じさせません。

2.ピンポイントで治療ができます

歯並びを矯正しても元に戻ってしまう後戻りがあると思いますが、iGOアライナーは歯並びを再度整えて直すことができます。

3.取り外しができて衛生的

マウスピース矯正は元々取り外しができて衛生的です。iGOアライナーも同じくマウスピース矯正のため取り外しのできる矯正装置です。
そのため、食事や歯磨きのときは取り外すことができ、普段通りのお手入れが可能で、口腔内を衛生的な状態を保って矯正治療ができます。

iGOシステムは専用のアプリ端末によち治療が可能な症例か即時に判断することが可能です。

インビザライン検査

体験マウスピース、レントゲン、シミュレーション。
治療計画においても3D治療計画ソフトウェアを通じて治療開始から完了までの歯の動きをコンピュータ上で画像および動画として再現していきます。

インビザラインの治療の流れ

カウンセリング

まずはじめに矯正治療に関してのカウンセリングを行います。インビザラインについてのご説明をするとともに、患者様のお悩みをお聞きし解決策をお答えします。

精密検査

口腔内の詳細な情報を採取するため、歯の印象採得、口腔内写真、レントゲンなどの検査を行い、治療計画立案の基とします。

治療計画立案

採取したデータを基に、米国のアライン・テクノロジー社の独自システムで治療計画を立案し、専用のマウスピースが作製されます。

むし歯・歯周病治療

むし歯・歯周病治療マウスピースの制作が完了するまでに2週間から1か月ほどかかりますので、むし歯や歯周病がある場合はその間に治療します。

治療開始

治療開始患者様専用のマウスピースが送られてきたら矯正治療スタートです。マウスピースは2つずつお渡しとなり2週間ごとに交換して頂きます。

治療期間中

歯の動きの経過を診るため、1か月ごとに通院して頂きます。開始から1年半から2年半で歯を動かす過程が終わります。

保定期間

歯を動かす過程を終えたら保定期間に入ります。これは動かした歯が元に戻らないように固定するための期間で、この過程を終えれば治療完了となります。

短期間・低価格で、気軽に行える矯正治療

「歯並びや見た目を気にしつつも、治療費や治療にかかる期間の問題から矯正治療に踏みきれない…」とお悩みの方のために、気になるところだけを集中的に治すという部分的な矯正治療も行っております。
気になるところだけを短期間でキレイにしたい、歯を削らずに形を整えたい、価格を抑えたいといったご要望にお応えします。

 

一番上に戻る