メンテナンスと予防

メンテナンスと予防マウスピース型矯正治療(インビザライン矯正)でも、他の矯正治療と同じく、装置を外せば歯は自分の力で元の位置に戻ろうとします。理想的な位置に歯を動かしただけでは矯正治療は終了ではありません。リテーナーという保定装置を使用して、動かした歯をその位置に定着させる必要があります。

「歯の後戻り」が起こってしまう理由

歯に必要な力を加えて理想の位置に動かし、綺麗な歯並びを実現していくのが矯正治療ですが、装置を外せば歯に加えられていた力がなくなるので、歯が元の位置に戻ろうとします。歯を舌で押す癖や、唇を噛んでしまうといった癖も、歯に不適切な力が加わるため歯並びが乱れてしまう原因となってしまいます。
歯を動かす矯正治療の場合歯が動く方向の顎骨が溶け、その後骨が再生していきますが、歯の後戻りが起こるのは、歯を支える顎骨が十分に固まっていないためです。
動かした後にはしっかり保定装置を使い、顎の骨や歯茎内部を安定させ、お金と時間をかけやっと手に入れた美しい歯並びが元に戻ってしまう事がないようにしましょう。

どうやって「歯の後戻り」を防ぐのか?

患者様それぞれに合わせたリテーナーという保定装置を作成し、そちらを装着して頂くことで歯が後戻りしてしまう事を防ぎます。リテーナーには様々なタイプのものがありますので、患者様のスタイル、ご希望に沿った治療を行うことができます。

リテーナー

グリーン歯科ではマウスピース型矯正治療(インビザライン矯正)を開発・製作している米国アライン・テクノロジー社が提供する保定装置で、インビザラインはアライナー同様透明で目立たず、耐久性にも優れています。

保定期間について

矯正治療終了後は歯の後戻りが起こりやすいため、半年から1年間は食事や歯磨きの時以外リテーナーを装着して頂く事になります。この期間を過ぎれば、動かした歯の位置が定着してきますので、定期的な経過観察で特に問題がなければリテーナーの装着時間を徐々に減らしていき、最終的には週に1回夜だけの装着で済むようになります。

歯並びが綺麗になったら

歯並びが綺麗になったらマウスピース型矯正治療(インビザライン矯正)の治療が終了し歯並びが綺麗になったら、歯自体も綺麗にしてみませんか?
「クリーニング」で、ブラッシングで落ちきらずに溜まった歯垢や生活習慣によって沈着してしまった色素を落とすだけでも歯の白さは改善します。
お手軽に出来ますし、歯の健康にも良いのでぜひお気軽にご相談下さい。

一番上に戻る