歯を抜かない矯正について

抜歯をしない矯正なら良い矯正?

非抜歯矯正のウソとホント

最近よく「非抜歯矯正」という言葉を耳にしませんか?読んで字の如く、歯を抜かずに歯列矯正を行う事で、歯を抜かずに矯正治療する方が良いという様な内容をインターネット等で散見する事がありおますが果たして本当にそうなのでしょうか?

抜歯矯正と非抜歯矯正に関して、「非抜歯矯正のウソとホント」を歯科専門の立場から分かりやすくお伝えします。

非抜歯矯正なら良い歯列矯正か?

非抜歯矯正なら良い歯列矯正か?まずはじめに、患者様一人一人に合わせた丁寧な治療方針を実践している歯科医院であれば、基本的には「出来る限り抜歯しない」ことを基本方針としているはずです。抜歯する必要がないのであれば抜く事なく残した方が良いに決まっていますし、その思いは患者様もドクターも同じです。

それを踏まえたうえで、歯を残すと逆に患者様の為にならないと判断出来る場合は(例えば、抜歯しなければ理想的な歯並びにならない、不自然になり美しくならないなど)、しっかりその理由を説明したうえで抜歯矯正する事をおすすめしています。どんな歯並びであっても、その状態に関係なく抜歯せずに矯正するという歯科医院があれば、それはセールストリックであると考えて下さい。

1.椅子取りゲームをイメージしてください

抜歯矯正について説明する際「椅子取りゲーム」がよく例えとして使われます。 歯は歯槽骨というU字の骨の上に生えていて、歯が大きかったり本数が多い、逆に歯に対して歯槽骨の大きさが小さいなどの場合は歯を並べるためのスペースがありません。3つの椅子に4人が座れないのと同じように。
つまり座る人数を減らしてしまう方法が抜歯矯正で、人数を減らさず座れる椅子を増やしてあげる方法が非抜歯矯正という事になります。

2.非抜歯矯正の方法

非抜歯矯正の代表的な方法は「奥歯をさらに奥に移動する方法」「歯並びを外側に拡げる方法」そして「歯を削って隙間を作る方法」の3つです。

奥歯を移動

奥歯を今ある場所よりさらに奥に移動させスペースを生み出し、歯が収まる場所を作ります。この場合は親知らずは抜歯する事になります。つまり「非抜歯矯正」とは親知らず以外の歯を抜かずに治療する事なのです。

歯列幅を拡張

歯槽骨の幅を拡張することでスペースを生み出します。歯が動くために必用となるスペースは僅か数ミリなので、これによって顔の輪郭が変化する事はありません。

歯を微量削って拡張

歯の表面のエナメル質を僅かだけ削ってスペースを作ります。1本につき 0.3mm 削れば5本で 1.5mm。10本で 3mm のスペースを生み出す事が出来ます。削った側面はフッ素コートを施し虫歯の原因となる事を防ぎます。

3.抜歯矯正のメリットとデメリット

非抜歯矯正の最大のメリットは「健康な歯を抜かずに済む」という事です。ただし、歯列矯正と、最近一般歯科で言われる歯を削らない、歯を抜かないという事とでは意味合いが全く異なるので注意が必要です。

デメリットとしては、、綿密なシミュレーションの基で実施しないと治療終了後に元に戻ってしまう可能性があるという事が一つです。
また、無理に歯を並べることによって歯ぐきに大きな負担がかかるようになり、歯茎が下がって歯の根が見えてしまうという可能性もあります。
実際に、他医院での非抜歯矯正を行ったものの、治療後に問題が起こり、当院に再矯正の相談に来られるという患者様も残念ながら少なくありません。

グリーン歯科では、単純に非抜歯矯正が良いのか、はたまた抜歯矯正が良いのかという事ではなく、患者様にとっての最善はなにか?という事を一番に考えております。
矯正治療もそうですが、一般歯科診療も合わせて様々な歯並びを診てきた当院では、精密な検査を行える国内有数の最新の検査設備がそれを可能にしています。なかでも 3D 画像スキャンによる診断システムは治療過程やその結果を正確に予測することが可能で、それを患者様自身にもご覧頂けます。 一般に言われているコンピューター分析とは異なり、全てを 3D デジタルで行いシミュレーションまで行うシステムです。

非抜歯か抜歯かどうかにに惑わされず
自分にとって最善の治療を選んで下さい

非抜歯か抜歯かどうかにに惑わされず、自分にとって最善の治療を選んで下さい私たちグリーン歯科では、開院以来『痛みの少ない矯正治療』『身体の負担の少ない矯正治療』にこだわってきました。
そのために精密な検査と診断、そしてそれに基づいた治療計画を大切にしながら、患者様のご希望と目的に沿った最善の治療をご提案、実践しております。

非抜歯、抜歯にとらわれず、「何が患者様にとって最善なのか?」という事が私達グリーン歯科の治療方針です。
矯正治療に関してお悩みの方はぜひ無料カウンセリングに一度お越し下さい。どんな小さな事でも誠心誠意お答え致します。

非抜歯矯正に関してよくある質問

矯正治療は保険が効きますか?

原則的に矯正治療は保険診療の対象外となります(顎周辺の怪我や変形によるものは対となる場合があります)

治療にかかる期間を教えて下さい

治療期間については患者様の歯並びにより異なりますのでまずはご相談ください。

通院頻度はどれくらいですか

矯正治療には方法が様々です。まず検査をしてどんな矯正治療にするかにより通院回数が異なりますのでご相談ください。

矯正治療には抜歯が必要ですか?

症状によっては抜歯が最も効果的な場合がありますが、必ずしも必要というわけではありません。

無料カウンセリングは本当に無料?

無料で行っております。

一番上に戻る